FC2ブログ

コトバノカケラ

コトバノカケラをつづって文章にしたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイコフスキー

ベートーベンからずっと続いている作曲家特集w。
今日はチャイコフスキーです。
チャイコフスキーで思い浮かぶのは、
コンクールとピアノ協奏曲と
最近マイブームになったバイオリン協奏曲です。
チャイコフスキーコンクールは、
旧ソ連時代から続いていて、
ソ連が崩壊した前後はオケとかめちゃくちゃ下手で、
コンクール自体の存続も危ぶまれていたんですが、
今でも続いているようですね。
チャイコンではバイオリンの諏訪内晶子さんの
優勝が今でも印象に残っています。
彼女のバイオリンの先生が
昔住んでいたところの近くに住んでいらして、
うちの母は彼女本人を電車の中で目撃したらしいです。
それでコンクールのためには
どんな状態でも弾けるようにということで、
その先生がレッスンの時に
急に電気を消したりしたとかいう話を
聞いたことがあります。
単なるウワサかもしれないので、
真実かどうかは不明ですが…。
でも実際のところコンクールの決勝のとき、
彼女は熱があったらしく、
レッスンでいろいろな状態を経験したことが、
ある意味役に立ったとか立たないとか。
それも聞いた話なので本当かどうかは不明ですが。
(何か不明なことばっかだな…w)
チャイコフスキーのピアノ協奏曲は、
たぶん私が一番最初に聴いたピアノ協奏曲だったと思います。
私は元々オケの中ではホルンの音が好きなんですが、
チャイコフスキーのピアノ協奏曲の出だしは、
ホルンのソロから始まるんですよ。
それで初めて聴いたときから好きになりましたね。
私がホルンをやっていた中学のころ、
耳コピでこのソロの部分だけ吹いてみたこともあります。
ある時期のチャイコンの時のホルンは
この音を外しまくっていたので、
ある意味幻滅しちゃいましたが…w。
バイオリン協奏曲は、
『ライト・スタッフ』
というアメリカの初期の宇宙開発(マーキュリー計画)
をテーマにした映画の中で、
その旋律をアレンジした曲からマイブームになりました。
実際は似ているだけなので、
CDは『ライト・スタッフ』のサントラを買いましたが。
そうそう。
『ライト・スタッフ』のサントラについては、
かなり語れるネタがあるんですよ。
今度機会があったらこのネタで
ブログを書きたいと思います。
では、また。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ブロラン
ブログランキング
プロフィール

ささら。

Author:ささら。
◆コトバノカケラへようこそ。
毎日空間に浮かぶ
コトバノカケラを集めて
文章にしたブログです。

◆現在、スポーツ、勉強、気象観測
の3本をメインに活動中です。
詳しくは→コチラ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

11111カウンター突破
Thanks!
次の目標は
20000カウントです♪
キリ番踏んだ方は
コメントカキコよろしくです♪
投票!
このブログのQRコード
QR
緑のgoo
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
BLOG MOON

最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。